エイジングケアに励むぞ〜!

HOME > 最も気にかけている部分はどこかと問われたら顔

最も気にかけている部分はどこかと問われたら顔

最も気にかけている部分はどこかと問われたら顔だという人が大部分でしょう。顔のケアと言えば洗顔が基本中の基本です。顔に付いた汚れや余分な皮脂を洗うところからお手入れがスタートするからです。洗顔では石鹸、クリームの泡たての方法が大切です。泡たてネットでモコモコに泡たてて泡で包んで洗顔します。
洗顔料が顔に残った状態だと、肌が荒れてしまうかも知れないので、すすぎをゆっくりとおこないましょう。
その後には、化粧水や乳液などを利用して、保湿をしっかりとやることが大切です。保湿をやらないと肌が乾燥してしまい、シワが発生しやすくなります。
保湿をちゃんとやれば、シワができないために、効果的な予防・改善です。

ここ数年の間急激に、自分のしわがどうにも気になり、焦燥感をおぼえています。中でもつくづく困り果てているのが目尻に発生する笑いじわで、鳥の足跡みたいな形のしわです。

そもそも目の周りは皮膚が薄く、元々しわはできやすい場所で、こまめなスキンケア(自分の肌に合う基礎化粧品をみつけるのは、とても大変ですね)を行なうようにしている部分なのですが、皮膚が薄いと、水分を留めておけなくて、乾燥しやすくなっています。そこで、念を入れてクリームを何度も塗ったりして、とにかく保湿を一番大切にするようにこだわっています。キメが細かい肌と言えば、もれなく美肌を指します。キメとは、肌の表面に走る皮溝という細い溝と、皮溝で囲まれた部分である皮丘によって、皮膚表面につくられた模様のことをいいます。よくいう「キメが整った肌」は皮丘には充分な水分がふくまれ、それぞれの大きさがきれいに揃っています。


でも、皮膚組織のうち、一番表面の位置にある表皮が自身に含んだ水分を失い、乾燥して荒れた状態になると、皮丘は形を崩し、キメは粗くなります。



表皮の荒れを放置しておくと、表皮の持つバリアの機能もどんどん低下しますから、表皮に守られている真皮も、ダメージをうけてしまうことになります。


皮膚の土台としての真皮が弱ると、支えを失った肌がシワになり、たるみを創ることになります。


「減量効果が高い」と聞いていたので、以前から興味のあった、ファスティングダイエットをこなしてみたら、3キロも減量することができたのです。
きれいになりたいという気もちの強さで、ファスティングのつらい部分も乗り切れたのですが、鏡の前に立って、しげしげと眺めてみたら、なんだか、顏だけでなくあの辺こちらにしわが増えてるように見えます。
このことと、ダイエットが関連があるかどうか確信できませんが、タイミングとしては何とも言えませんから、ともかく、今はスキンケア(自分の肌に合う基礎化粧品をみつけるのは、とても大変ですね)を重点的に行なうつもりです。
年齢が上がるとともに、肌への不満が増えてき出したので、基礎化粧品をエイジングケア専用のものにしてみたり、美容液やクリームも同時に使うようになりました。ですが、美容部員さんから聞いた話では、重要なのはクレンジングだという話でした。今現在のものを使い終えたら、すぐに捜してみようと思っています。肌荒れ、とくに肌がかゆくなる原因は皮膚炎、あとピー性皮膚炎であることも少なくありません。
でも、肌の乾燥が原因だということも多いのです。

特に日本の冬は乾燥しがちですから、テレビで乾燥肌のかゆみ用クリームのコマーシャルをよく見ます。
これを塗ると、かゆいのが治ることが多いですが、長く治らないなら皮膚科を受診することを勧めます。
お肌に先天性のシミ、色素沈着、アザなどがあって、お悩みの方は身近にいると思います。
こうしたシミなどは絶対消えないと諦めている方が多いみたいですけど、皮膚科の最新治療をうければ、完全には消えないものもありますが、目たたな幾らいに薄くすることは十分できます。シミやアザなどがあることでコンプレックスを感じる方は、専門の医療機関でカウンセリングをうけてみましょう。
それに、シミ、アザをどのように消したのかという体験談を判断材料にするのもいいかもしれません。

皮膚のスキンケア(自分の肌に合う基礎化粧品をみつけるのは、とても大変ですね)を丁寧に行なうか否かで、スキンケア(自分の肌に合う基礎化粧品をみつけるのは、とても大変ですね)の効き目の大きな差が現れてきます。

お化粧ののりがうまくいくかどうかも素肌の具合で変わってきます。肌の調子が良い状態で保持するためには、手を抜かずにお手入れを行なうことが大切になってきます。



つるっとしたきれいな肌を保つにはたっぷり水分を与えることがとても重要になります。



特に乾燥しやすい肌の方は基礎化粧品を買う時は保湿を重視したものを選んでたっぷりと水分を与えてあげましょう。顔を洗って汚れがしっかり落ちたら間隔をあけずに化粧水をつけて肌を保湿して、そのうえから乳液やクリームをつけて水分をキープしましょう。

ラクダ
Copyright (C) 2014 エイジングケアに励むぞ〜! All Rights Reserved.